FC2ブログ
【 お名前 】:IRIE CARE LIFE(アイリーケアライフ)

【 メールアドレス 】: front-desk@iriecarelife.jp

【 セミナー(講座)タイトル 】:「看護のキネステティクス(R)紹介コース」in徳島

【 日時/場所 】:2011年11月06日(日)09:30 ~ 12:00/デイサービスなかた

【 セミナー詳細 】:
このセミナーの趣旨は以下の通りです。
「キネステティクス」の6つの概念から、1つの概念を取り上げ次の体験をします。

?介助者自身が心地よく動く方法。
?介助される人が心地よく動く方法。
?持ち上げる介助を行わないですむ方法。
 ※介助する人・される人の身体に負担をかけない方法

この体験学習により、あなたは目の前の患者・利用者との接し方が、これまで以上により良く変わる可能性を感じられると思います。
今回のセミナーでは、概念の1つ「機能から見た解剖」を通して、「乗り移り」について感じる内容を用意しました。

「乗り移りのポイントは、健側に車椅子を置いて、移る場所を確認して・・行えば楽にできるんでしょう?」
しかし本当にそうでしょうか?自分たちが意識せずに行っている動き方、もう一度見直してみませんか?



今回のセミナーでは、「人が動くことを自分でどう感じるのか?」を基に、これまで学んで来た2次元(写真等)での捉え方と3次元(自分で感じる)の捉え方の違いを実感します。
自分の新たな可能性の扉開いてみませんか?

会 場: デイサービスセンター なかた
      (徳島県徳島市佐古一番町10-6 レインボータワービル4階)

09:30~09:50  オリエンテーション
09:50~10:20  「動き」を感じる。に修正します。
10:20~11:40  「体をパーツに分けて考える」を感じる。
11:40~12:00  振り返り


参加費: 3,000円
定 員: 20名
講 師:高本晃司(作業療法士)
     看護のキネステティクス(R)ベーシックコーストレーナー


お申し込み:IRIE CARE LIFEホームページから

【 セミナー情報元リンク 】:http://www.iriecarelife.jp
無料

レポート「あの人はなぜ、いつも成功するのか?」の詳細はこちら

スポンサーサイト



セミナー講座)タイトル 】

:にんげんクラブウェルカムパーティー

【 日時/場所 】

:2010年10月9日 土曜日 14時から

セミナー詳細 】:
はじめまして、株式会社ブレッシングと申します。突然のメールを失礼いたします。
私どもは、「美と健康と地球環境浄化」をテーマにした環境浄化商品(美容商品、生活用品)を卸販売しております総合商社でございます。この度、「にんげんクラブ(株式会社 船井本社さま)」のご協力により四国で初めての「にんげんクラブウェルカムパーティーを開催いたします。

社会、経済、スピリチュアル、食料、環境などあらゆる分野の旬の講師さんをお迎えし、LIVE感、親近感たっぷりで今までに無い講演会を企画しております。


ゲスト:
ペガサスさん
ツインソウルマスター

■ペガサスさんについて
財団法人プロジェクト ペガサス 理事長
カナダ在住13年半、アンドロメダからの地球外生命体、カレス・アビアン(鳥族)からのコンタクトを受けて、彼等との約束のもと、日本に帰国。地球に愛を撒くプロジェクト、<プロジェクトペガサス>の一環として、現在、宇宙系自己啓発書の執筆活動や講演を続けている。帰国前は、カナダの都市銀行で就業。

■著書「プロジェクト・ペガサス」(アマゾン人気ランキングNo.1)について
「あなたはアセンデッドマスター・・・・・・ツインソウル〈真実の愛〉と再会し、世界中に愛をまいて地球を救うため、この世に降りてきた・・・・・・」
とつぜんの啓示にとまどう女性〈ペガサス〉。しかしリーディングの言葉通り、事態はめまぐるしく展開していく。
本書は〈プロジェクト・ペガサス〉の始動を実況中継する驚くべきリアルタイム日記である。
〈プロジェクト・ペガサス〉とは、アンドロメダから降りてきた司令官〈ペガサス〉が無事に目覚め、ツインソウル〈真実の愛〉と共に世界中に愛をまき、人
々の意識をシフトさせ、次元上昇のため光の柱を建てるという壮大なプロジェクト??惑星地球の未来を切り開く、宇宙最後の計画のことである。


★講演内容
1.愛すること-ツインソウルと出会う方法*2.悟りは簡単-波動の共鳴と意識*3.運命を操作-エネルギーの記憶     
+質疑応答・著書が出版されるまでのお話



日時 10/9土 講演会14:00~16:00

懇親会 17:00~

場所 徳島市 ホテル千秋閣 6階 鷹の間

参加費 3,000円

※懇親会費は2,000円(飲み物別)

参加人数 30名 多数の場合は立ち見になる可能性がございます。ご了承下さい。



★参加お申込
氏名、年齢、ご住所、電話番号、メールアドレス、参加希望日、懇親会出欠を記載の上、
にんげんクラブ四国支部(中山)までメールでご連絡ください。
メール:jun@8731499.com

セミナー情報元リンク 】:http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1592379740&owner_id=7339058
無料

レポート「あの人はなぜ、いつも成功するのか?」の詳細はこちら

■疾患ゲノム研究センター大学院セミナーを開催

イベント名: First Controlled Clinical Cases:
The evolution of methods to assess the effects of treatments for diphtheria, 1825-1918

内容:  人を対象とする臨床研究においては、じゅうぶんに検討された研究計画に基づいた科学的根拠の蓄積が重要であるとともに、倫理的に適正な規範が求められます。
 このような現代の臨床研究はどのようにはじまったのでしょうか。長年、パスツール研究所にて、第一線の免疫学研究を進めると共に、研究所運営にも尽力され、現在はパリ大学で歴史と哲学の教鞭をとられているGachelin教授を迎えて、臨床研究のはじまりについて特別講義をしていただきます。
多数のご来聴をお待ちしております。本セミナーは大学院特別講義を兼ねます。

講師: GABRIEL GACHELIN 博士
パリ大学教授

日時: 平成22年8月16日(月曜日)16時から17時30分

場所: 疾患ゲノム研究センター1階 交流ホール

参加費: 無料

主催: 疾患ゲノム研究センター

問い合わせ先: 疾患ゲノム研究センター遺伝子実験施設
(大学院医科学教育部免疫系発生学)

高浜 洋介(メールアドレス takahama@genome.tokushima-u.ac.jp)

ポスターはこちら(PDF 664KB)
無料

レポート「あの人はなぜ、いつも成功するのか?」の詳細はこちら

徳島初のヒラスズキ大会&大里海岸完全攻略セミナーを県南ヒラスズキエキスパート集団
「TEAM FIN」の全面バックアップの元、開催します。

今回、TEAM FIN代表の松本真吾氏(モーリス、エクリプステスター)と長井淳氏(スミステスター)を
セミナーの講師にむかえ、トークセミナー&釣り場での個別レッスンも同時開催。

ヒラスズキ全くの初心者から、何回か行った事があるがいまいちどうやって釣ったらいいか分か
らない悩めるアングラー様、、、

ヒラスズキ初心者の渡辺店長と一緒にすっきりしましょう。


セミナー講師 松本真吾氏

セミナー講師 長井淳氏

日時
2月27日(土) (悪天候の場合 3月6日に延期いたします。)

15:00 受付開始~
15:30 レクチャー開始 海岸の清掃、弁当タイム後
17:00 スタートフィッシング予定

     ~
午前 1:00  ストップフィッシング
検量後に表彰式と豪華景品大抽選会をします。
午前 2:00 解散予定

大会ルール ルアー釣りによる1匹の長さ+重量で順位を決定します
(キーパー60cmでお願いします)

集合場所 大里海岸駐車場(下記の別地図参照)

広域地図 

ピンポイント地図

参加費 1人/3000円(お弁当・レクリエーション保険代込み)
参加者が30名に達し次第、申し込みは終了いたします。

注意事項 参加者は全員ライフベストとウェーダーを必ず着用してください。
今回持っていない方は参加できません。安全面での事です。ご了承ください。
ヘッドライトもしくはライトもご持参お願いします。

アルコール類の持ち込みもご遠慮願いします。
楽しく、安全にイベントを行う為にご協力お願いします。
駐車場での事故、盗難に関しましては自己責任でお願い致します。


情報元:http://www.wildfish.co.jp/100227_hiraseminor/0227_hiraseminor.html
無料

レポート「あの人はなぜ、いつも成功するのか?」の詳細はこちら

ポジティブ・アクションとは

「ポジティブ・アクション」とは、固定的な性別による役割分担意識や過去の経緯から、男女労働者の間に事実上生じている差があるとき、それを解消しようと、企業が行う自主的かつ積極的な取り組みのことです。
なぜ、「ポジティブ・アクション」に取り組むのか。

「ポジティブ・アクション」の目的は、目先の男女間の差別を解消することだけではなく、ひとりひとりがお互いを尊重し、高めあうことによって、企業の生産性や組織力を向上させることが最終到達目標です。
1)女性活躍推進が求められる時代への対応

ポジティブ・アクションは、「女性の働き方の変化」「企業イメージの向上および有能な人材の確保」「人口減少・少子高齢化による国のシステムの維持」などの観点からすべての企業に求められているテーマです。そして現在は、理念や目標として掲げ、声を上げる段階から、具体的な施策や推進方法を検討し、実践していくべき段階にあります。
2)女性活躍推進のための3つの観点

ポジティブ・アクションは、「企業・トップマネジメントの意志」「管理職の意志」「女性自身の意志」がそろってはじめて、その実現が可能となります。
これら3者の意志によって、男女共に高めあえる企業としての風土を作り上げていくことが重要です。
3)主語は“I”“WE”

制度やルールを整えたところで、「誰かがやるだろう」という気持ちでは成功しません。常に、トップ・管理職・女性それぞれに、「自分」がそれを成し遂げるのだという覚悟と行動が必要です。

* トップ層は、「自分が、どのような企業風土を作り上げ、制度を推進していくのか」
* 管理職は、「自分が、どのように女性活用を進めていくのか、どう行動するのか」
* 女性自身は、「自分がどのような意志を持ち、行動していくのか」

それらを具体的な目標や行動計画に落とし込み、「明日からのアクション」の明確化が必要です。

-------------------------------------------

日時:2010/01/27 13:30~15:30
会場住所:松江テルサ 大会議室 松江市朝日町478-18
» GoogleMAP

電話番号 お申し込み 0852-31-5550


情報元:https://www.posiac.com/?action_user_list=true&areaNo=3
無料

レポート「あの人はなぜ、いつも成功するのか?」の詳細はこちら